• ホーム
  • プリリジーには併用禁忌があるので医師に確認してから服用しましょう

プリリジーには併用禁忌があるので医師に確認してから服用しましょう

2020年06月23日
心配しているカップル

プリリジーには併用禁忌があるので、医師に確認してから服用することをおすすめします。早漏症状に困っていてクリニックを受診しても、この治療薬を処方できないケースがあるので注意が必要です。服用できないケースや併用禁忌薬などがあり、健康状態や服用中の薬剤によってプリリジーを服用することができません。併用禁忌薬について、基本的に抗うつ剤を利用している人はプリリジーを使用できないケースがあります。プリリジーと同じSSRI系やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬であるSNRI、MAO阻害薬や3環系抗うつ薬などを服用している場合内服することができません。プリリジーと同じくセロトニン作動性を持っている医薬品を服用していると内服することは不可能です。これらの薬を服用していなくても飲み終わりから2週間以内だと内服することは禁忌とされています。抗HIV薬や抗真菌薬について強力なCYP3A4阻害薬などを服用していると、プリリジーを服用することはできません。

何かしらの病気を治療していたり、既往歴がある人もプリリジーを利用することができないので注意が必要です。例えば中度~高度の肝障害や高度腎障害のある人や、てんかん発作を起こすような人は利用することは不可能です。狭心症や心筋梗塞・心不全といった心臓障害があったり、失神や起立性低血圧といった既往歴がある人も利用することができないようになっています。プリリジーはこれまでなかった内服タイプの早漏治療薬になっていて、画期的な効果を得ることができる薬剤ですが医薬品になるのでいくつか副作用があります。副作用の現れ方は個人差があり、副作用は軽度なものだったり、頻度は1割未満と低いです。主な副作用として眩暈や頭痛、不眠や下痢、吐き気や疲労感などがあげられます。まれに起立性低血圧症などの症状が起こるとされていて、重篤な副作用はほとんどありません。有効成分ダポキセチンになっていて、短時間作用型のSSRIと言う薬剤に区分することができます。

服用してから5~6時間効果を発揮することができ、24時間後になると成分の9割以上が排出される仕組みです。成分が体外に排出されるので、効果はもちろん副作用も自然に消えていくでしょう。プリリジーは臨床実験において安全性が確立されているので、安全・安心して利用することが可能です。尚、飲み合わせによって重篤な副作用を発生するリスクがあるので、医師に相談することをおすすめします。

関連記事
ポゼットを購入するなら個人輸入代行サイトで気軽に注文できます

ポゼットを購入したいなら、個人輸入代行サイトがおすすめです。インターネットを利用して気軽に注文することができます。ポゼットは射精をコントロールすることができ、世界的に有名なプリリジーのジェネリックです。これまで早漏防止に使用していた商品には、男性器に塗布することによって感覚を麻痺させるものが多く、厚...

2020年06月29日
プリリジーやポゼットを利用して早期に早漏を改善することができます

プリリジーやポゼットなどを利用すると、早漏を改善することが可能です。早漏を改善しようと思った場合、厚手のコンドームを利用しようとする人が多いでしょう。一時的に感度をダウンすることによって、射精時間を延長することができるかもしれません。しかしもともと感度が良いと厚手のコンドームを使用しても、射精時間が...

2020年06月26日
プリリジーの飲み方は簡単で水やぬるま湯を使って服用しましょう

プリリジーは早漏防止効果があり、射精コントロールに悩んでいる男性の悩みを解決することができます。飲み方をきちんと守り、効率良く早漏を改善することができるでしょう。プリリジーの飲み方について、水やぬるま湯などを使って服用することができます。服用するのに最適なタイミングとして、性行為を開始する1~3時間...

2020年06月20日